友人が購入した印鑑

銀行印イメージ

自分で会社を起こし、そのときに必要になった会社の印鑑を購入する際、安い印鑑ではなく、せっかく新しく仕事をはじめるんだし、せっかく印鑑も買うのだから、その仕事が上手くいくような印鑑が欲しいということで購入したそうです。
代表印、銀行印、社印の三点セットだそうですよ。

確かに、事業を起こしてその事業が上手くいって欲しいと願うということは当たり前のことです。
会社の運気を少しでも上げるために、そういったものだけに頼るわけではありませんが、新たな出発をするのに、そういった願いを込めるという意味では日本人としてはごく当たり前のことのようにも思います。
そんな開運の印鑑があるのは知ってしましたが、実際どんなものなのか・・・。

開運の印鑑だといわれているものは、書体や素材などが開運を願うものでつくられているというものです。
たとえば書体は「吉相体」がいいとされています。また、その文字の彫り方も美しく彫るというものです。
その印鑑のお店によって方法やつくり方、考え方などはさまざまですが、まずはそういう印鑑が欲しいと思う人がよく観察して自分に合ったものを選ぶのがいいんでしょうね。

会社を起こす人だけでなく、新しく印鑑を購入する方には、やはり同じようにいい印鑑を持ちたい、開運のある印鑑が欲しいと思っている方も多いようですね。
最近はインターネットでもどんな印鑑が欲しいのか、どんな印鑑をつくりたいのかでいろいろな印鑑を検索することができるんですよね。
開運の印鑑だけでなく、見た目や使いやすさ、文字の美しさなどさまざまなものを選ぶことができるので、自分の欲しい印鑑を買うことができるんですよ。

ページの先頭へ